このひと月半の間にいろいろなことがありました。

    Twitterというツールが出来てからは、そちらの方にその時その時感じたことを感じたままに書くことが多くなってきました。
    なので、こちらは少し時間が経っていろんなもの(情報)が見えたあとの気持ちを書ける場所なのかな…と思っています。

    つよしさんの突発性という衝撃的な出来事から少し時間が経ちましたが、、
    思うように良くなってはいないという話が彼自身の口から何度か聞かれました。
    その言葉を口にするまで、彼がどれほどの治療を行ってきたか、どれほどのものにトライしてきたか、
    それは本人にしかわからない苦痛であり、痛みであり、先の見えないトンネルのようなものだったのでは…
    とは言っても、それも私自身の想像でしかないけれど。

    でも、その先の見えないトンネルを自分で明かりを灯し前に前に進もうとする姿勢。
    そして、いつか出口に辿り着こうとする彼の脳みそ。

    つよしさんが私たちには到底想像出来ない経験や挑戦や立ち向かっているその時間の中で
    自分の体とうまく付き合いながら辿り着こうとしている道を尊重しつつ
    その時その時のあるがままの堂本剛という人をしっかり受け止めていきたいなと思います。


    今回のことに関しては、いろいろな意見がTwitterで見られます。
    今回のことに限らずTwitterではさまざまな意見があります。
    自分と違う考えに敢えて苦言を呈する人、かなり偏ったものでも拡散する人、
    何かしらずっと怒りをぶつけている人、スルーが出来ずに自爆し続ける人、
    正直私も見ていて自分と全く考えの違うものや、不快に思うものや、
    こんなもの拡散してくるなーなものもあります(苦笑)
    皆が皆同じ考えだったらこんなことにはならないけど、それは不可能なこと。

    「人それぞれなんだから、みんな同じなのは不可能なんだから」(by 剛)

    世の中にはいろんなものが溢れている。
    うまく共存していこうと思う人と、自分の中から排除排斥しようとする人。
    人生の選択肢は自分で選ぶものだけど、どちらの世界が広がりがあるか。

    話は逸れますが、私も下の娘の障害がわかったとき
    それはそれはいろんなものを試しました。
    それも何年も何年も。
    自分の人生の時間をすべて使った時期と言っても過言ではないかもしれません。
    ある意味、いつか良くなるかもという希望に雁字搦めになっていた時期と言ってもいいかも(笑)
    それか、何か為になることをやらなきゃいけないという強迫観念にかられていたのかも…
    回りが見えなさすぎていろいろと無理をしていたと思います。

    ちょうどその頃、金田一少年との出会いがあり私には絶対有り得ないと思ってた一目惚れ状態で剛さんを好きになりました。
    今思えば、全てがタイミングだったのかもしれないですね。
    彼の「頑張らなくてもいいよ」という言葉がストンと落ちてきました。
    その時の気持ちを言葉にするのはとても難しく、
    何年も何年も自分で勝手に重荷にしてしまっていたものを、やっと背中から下ろせるようなそんな優しい安堵感がありました。
    それは彼以外の人から言われてもきっと響かなかった言葉。
    だから私には彼からの魔法の言葉でした。
    で、その後はこんなことに(笑)

    世の中にはどうしようもないこともある。
    勿論、どうにかしたい、どうにかならないかともがく時間も必要だと思う。
    でも、それでもどうしようもなかったとき、
    そこに必要なのは結局は自分自身。
    自分自身の気持ち。
    うちの娘の障害は結局何ら変わることはなかったけれど、
    今ありのままのあの子がいることがとても幸せだと言えます。

    つよしさんにはたくさんの希望と、祈りと、願いと、思いを届けたい。
    そして、多くの人から届いている。
    その先に彼が辿り着く場所には、きっと確固たる堂本剛が存在するはず。

    このひと月ちょっとの間で、こんなにも不安を拭ってくれた人を誇りに思えるし
    とてつもなく好きだと言えます。
    これもひとつの幸せだと思います。



    web拍手

    2017.08.15 / Top↑
    昨日、「その先へ」のタイトルで書いた記事

    その後に更新されたLFとSMGO

    2人の文章は前向きで、真っ直ぐで、優しくて、
    ファンの心配や不安を知っているかのような、それを払拭するかのような内容で
    ひょっとしたら普段ならそんなにテンションを上げない彼らが
    私たちファンのために上げてくれたテンションなのかもしれないけど
    いろいろ抱えてた憑きものをふわっと落としてくれた

    今日明日のKinKi Kids 20周年Party
    グッズ関連でも配慮をしてくれているようで、本当に優しい
    普段なあんなにいじるけど、ほらっ(笑)
    こんな時彼らの隠しきれない思いが

    「その先へ」の「先」は、これからまだまだずっと続く
    ファンと共に!



    web拍手

    2017.07.15 / Top↑
    昨日、KinKiKids20周年Partyの剛さんの出演の詳細が事務所から発表された。
    そして、今日ビューイングも中止の報告が。

    突発性難聴の件からいろんなことが次から次に起こって、何から受け止めればいいのか、何をどう受け止めればいいのか脳みそが追いついていかない。
    勿論、さまざまな選択肢がある中で一番の最善を選んだであろうし、事務所・スタッフ・剛さん・光一さん、皆で考えてのことでしょう。
    私たちファンはそれを受け止めるしかないし、見守り応援するしか出来ない。
    今のいろんな状態をリアルに把握出来ているのは彼らの近くにいる人たちだけだから。
    まずは剛さん自身の耳の状態、金銭的な問題、ハード面のさまざまな環境や人間的な感情も含めて冷静に客観的に見ての答えなのでしょうから。

    ・・・と、理解しているし割り切っているのだけど、
    どうにもこうにも脳みそが対応仕切れないのが現状。

    今のこの状態を剛さんはどんな思いで受け止めているのだろう。
    過去にも、いろんなことがあった。
    彼が自分の病気のことを公言するまで、ファンの人からもいろいろ言われたけど
    ステージ上で体調が悪くなり思うようなパフォーマンスが出来なかったときもあった。
    裏で倒れ込もうとも、注射を打とうとも、終演後病院に直行しようとも、
    そんなときでもステージに穴を開けることはなかった。
    だけど今回は何をどう頑張ってもどうしようもない。
    彼らもファンも試されてるのだろうか…とさえ思うほど。

    耳の完治が最大の願いだけど、これも静かに見守るしかない。
    私たちの声が逆に彼に窮屈な思いをさせないよう、見守り続けるしかない。

    KinKi Kidsはたったの2人だから、光一さんには大変な負担が掛かっているのかもしれない。
    光一さんも体調を崩すこと無くここを乗りきって欲しいなと思います。

    剛さんが笑い、歌い、幸せでいてくれる
    そんな当たり前の時間がいつかきっと、また訪れますように。


    web拍手

    2017.07.14 / Top↑
    把握出来ないくらい新しい情報が日々出てきて脳みその容量を完全に越えています。
    楽しみなことがいっぱ~い♪

    一度じゃなくて小出しでいいから年間平均して露出して…と思わなくもないけど
    それでも、出ないよりも出たほうが勿論いい

    十分楽しませて貰おうと思います


    KinKi20周年のなんやかんやも、銀魂も、フェス関連も、全力で楽しみます


    web拍手

    2017.06.24 / Top↑
    5月5日のアニバーサリーにお知らせをくれるという粋なはからい
    20周年のぱーてぃーが横浜スタジアムで盛大?に開催されるらしい
    もっとキャパのあるところでやって欲しい!とか、
    何故に全国各地でやらない!とか、
    まぁいろいろ思うところはありますが…(^^;
    それでも、チケット争奪戦も含めて、何とも言えないこのワクワク感に翻弄される居心地の良さよ!
    チケットがうまく行き渡ればいいなと願うばかり

    私はと言えば、残念ながら今回は参加できそうにないのでレポ待ち組ですが、
    雨降るなー
    雨降るな-
    台風来るなー
    台風来るなー
    とひたすら拝んでおきます(笑)

    楽しい空間、楽しい時間になるといいですね。


    web拍手

    2017.05.12 / Top↑