本日2回目のプラトニックが放送される前に私個人の初回の感想を。
    プラトニック公式HPの掲示板や、Twitteなどでは、多くの感想が寄せられています。
    それらに、共感したり、頷いたり、そういう見方もあるのかと新しい発見をさせられたり…、とても興味深く他の方の感想を見させてもらいました。
    ファンの方の印象と、一般の方の印象とでは、良い意味で多少のズレがあって、それはそれで又とても面白かったです。

    で、私はどうだったかというと、
    ちょっとドン引きするくらい引き込まれて見てたように思えます(苦笑)
    内容が内容ですし、あの独特な映像描写や、どこか懐かしい雰囲気が漂う台詞や、胸がぎゅっと切なくなる感じや憂い、
    さまざまな感情が一気に押し寄せてきて、本当に野島作品の真骨頂を堪能させられた作品でした。
    そして何より、私はつよしさんのファンなので、
    彼のひとつひとつの表情やしぐさ、目、手、背中の動きに、心奪われるシーンが多かったです。
    役者堂本剛という括りが正しいかどうかはわかりませんが、彼の持つあの感性、感覚、バランス、死生観が作り上げた(作り上げている途中と言った方が正しいでしょうか)「青年」が、この日本のどこかに本当に存在しているかのように感じられて胸迫るものがありました。
    役作りでは、とりあえず自分の思う通りにやって下さいと言われるというつよしさん。
    そんな彼自身が作り上げるものに、昔も今も変わらない温度でわたしは無条件に惹かれてしまう。
    今夜放送の第2回が本当に待ち遠しい。

    web拍手

    さゆりん
    Posted byさゆりん

    Comments - 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。