またまたお久しぶりです。
    まだ半月しか経っていない9月ですが、いつもと違う時間の流れをしみじみと感じました。
    私にとっては今回が初参加になる予定だった剛さんの平安神宮LIVE、
    その9月5日(金)の未明父が救急車で運ばれたと連絡がありました。
    慌てて病院に向かいましたが、結局そのまま目を開けることなく次の日の朝旅立っていきました。
    それから、お通夜、葬儀、初七日、諸々の手続き、また仏壇や納骨堂の手配などなど。
    慌ただしい日々を過ごしました。

    この一年、父のことではいろいろあったし、医師からも厳しいことは言われていたので覚悟は出来ていました。
    ただ、やはりそうは言ってもすぐに納得できることではありませんでしたし、
    正直まだ実感がありませんでした。
    でも、先日車の中で『瞬き』を聴いたとき、その全てが噴出しました。
    私の中では、そこで一つの区切りがついたのかもしれません。

    平安神宮のLIVEは、恐らく次があるでしょうから来年リベンジしようと思っていましたが、
    そんなときに京都で小喜利開催のお知らせが。
    今年度中に京都に行けるとは思っていなかったので、ありがたいですね。

    前向きに生きていくことの大切さと、そのために自分自身を強くもたなければいけないことをあらためて父から教えられました。

    web拍手

    さゆりん
    Posted byさゆりん

    Comments - 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。