昨日、KinKiKids20周年Partyの剛さんの出演の詳細が事務所から発表された。
    そして、今日ビューイングも中止の報告が。

    突発性難聴の件からいろんなことが次から次に起こって、何から受け止めればいいのか、何をどう受け止めればいいのか脳みそが追いついていかない。
    勿論、さまざまな選択肢がある中で一番の最善を選んだであろうし、事務所・スタッフ・剛さん・光一さん、皆で考えてのことでしょう。
    私たちファンはそれを受け止めるしかないし、見守り応援するしか出来ない。
    今のいろんな状態をリアルに把握出来ているのは彼らの近くにいる人たちだけだから。
    まずは剛さん自身の耳の状態、金銭的な問題、ハード面のさまざまな環境や人間的な感情も含めて冷静に客観的に見ての答えなのでしょうから。

    ・・・と、理解しているし割り切っているのだけど、
    どうにもこうにも脳みそが対応仕切れないのが現状。

    今のこの状態を剛さんはどんな思いで受け止めているのだろう。
    過去にも、いろんなことがあった。
    彼が自分の病気のことを公言するまで、ファンの人からもいろいろ言われたけど
    ステージ上で体調が悪くなり思うようなパフォーマンスが出来なかったときもあった。
    裏で倒れ込もうとも、注射を打とうとも、終演後病院に直行しようとも、
    そんなときでもステージに穴を開けることはなかった。
    だけど今回は何をどう頑張ってもどうしようもない。
    彼らもファンも試されてるのだろうか…とさえ思うほど。

    耳の完治が最大の願いだけど、これも静かに見守るしかない。
    私たちの声が逆に彼に窮屈な思いをさせないよう、見守り続けるしかない。

    KinKi Kidsはたったの2人だから、光一さんには大変な負担が掛かっているのかもしれない。
    光一さんも体調を崩すこと無くここを乗りきって欲しいなと思います。

    剛さんが笑い、歌い、幸せでいてくれる
    そんな当たり前の時間がいつかきっと、また訪れますように。


    web拍手

    2017.07.14 / Top↑
    Secret